自己紹介

初めまして!りょうです!

 

国立大学に通いながら、

個別指導の塾講師を務めています。

 

 

独自の勉強法を伝えることで、

数々のE判定を合格の二文字に変え、

生徒と共に喜びを分かち合ってきました。

 

 

そして、その勉強法をより多くの方々と

共有したいという思いで、

このブログを始めました!

 

 

そして、このような教育への思いを

持った理由ですが、それこそ、、、

 

 

「私が昔は勉強が

できなかったから」

 

 

この一言に集約されています。

 

 

中学の時クラスメイトに言われた言葉

 

 

「お前は才能がないから勉強しても無駄だ」

 

 

今でもこの言葉は覚えています。

 

 

私は要領が悪く、授業を真面目に聞き、

ノートをしっかりとり、

テスト2週間前から準備を始めるも、

 

 

テストの結果は平均点前後でした。

 

 

部活に打ち込んでいて、

真面目に勉強に取り組んでいない人と

テストの点は変わりませんでいた。

 

 

「才能がないんだったら努力するしかない」

 

 

そう考えた私は勉強時間を増やします。

 

 

努力は人を裏切らない

努力は人を裏切らない

努力は人を裏切らない

 

 

何度も復唱して、自己暗示をかけます。

 

 

そしてまたやってきた定期テスト

「今度こそいい点が取れるだろう」

 

 

結果は、、、

 

 

変わりませんでした。

 

 

またしても机の上に集まった

平均点前後の答案用紙

 

周りから飛んでくる

「偉いね、そんな勉強してて」

の声が皮肉にしか聞こえませんでした。

 

 

「もう才能がない私にいい点数を取ることは

不可能なのだろうか、、、」

 

 

絶望の淵をさまよいかけた中学生が

とった作戦が人生を変えることになります。

 

 

とった作戦は

 

 

[中学生 勉強法]

でyahoo検索(当時は

まだGoogleが流行って

いなかったんですね)

 

 

すると、目には自分が考えも

しなかった世界が広がってました

 

 

参考書、速読、心理学、

脳科学、過去問、記憶術、

復習、勉強法、音読

 

 

なんなんだこれは、、、?

 

直感でひらめきました。

 

 

「才能も努力もダメな自分に

残された道はこれだ!」と。

 

 

早速、次の日から書店に行って「勉強法」

についての本を読み漁ります。

 

 

するとお見事お見事、いかに今まで自分の

行っていた勉強に無駄があったのかを

気付かされました。

 

 

本を信じて勉強を続ける日々、

今までとは違う自信。

 

 

 

「これはいける!」

 

 

 

そう信じて臨んだ次の定期テスト

気になる結果は、、、?

 

 

 

少しだけ点数が上がりました!

 

拍手!!

 

 

と言いたいところですが、

結局、「こんなもんか、、、」

というのが本音でした。

 

 

少し点数は上がったものの、

優秀な人たちには到底かないませんでした。

 

 

「結局、楽して点数が上がる

魔法のような方法なんてないんだ」

 

 

そう、本を読むだけでは、

少ししか点数を上げることが

できなかったのです。

 

 

しかし、今までよりも効率の良い勉強が

出来ている実感は確かにありました。

 

 

そう、あと一押しなんです。

 

 

 

それから私は、勉強の効率を良くするために

本を読み、過去問を研究し、

自分自身で試行錯誤を重ねました。 

 

 

その結果、自分自身で

 

 

本を読むだけでも、

塾に通うだけでも

評判の良い参考書を

買うだけでも

 

 

身につかない勉強法を

手に入れたのです。

 

 

そして、迎えた3年生の夏、ついに私は

 

 

定期テスト

クラス1番になりました!

 

 

「よかった、、、やっと報われた!」

そして気付きました。

 

 

やはり勉強法によって才能を

覆すことは出来るのだと

そしてこのまま勉強法を探し続ければ、

もっと大きな成果を残せると。

 

 

以後、1度確立した勉強法が

私を裏切ることはありませんでした。

それどころか、時を重ねるごとに勉強法は

進化し、圧倒的な武器になりました。

 

 

高校受験では

勉強してもしても伸びなかった私が、

 

 

1日僅か1時間の勉強で夏から

偏差値を10以上伸ばし、塾に缶詰めで

毎日6時間以上勉強している人達を

追い抜いていきました。

 

 

地方の進学校入学後は

入学直後のテストの順位は3桁でしたが

 

 

毎日部活に打ち込み、学校の授業は聞かず、

塾にも通わず、隙間時間だけの勉強で、

実力試験では学年1桁の常連になりました。

 

 

大学受験では

年々積み重ねた学習方法が破壊力を増し、

受験期になっても、毎日自宅でゲームを行い、

大好きなプロ野球中継を見ていたのですが、

 

 

センター試験の点数は総合8割を超え、

得意な数学は190点を超え、

無事第一志望の国立大学に

合格することができました。

 

 

 

魔法のような方法なんてないと実感し、

独学で4年間、様々な方法を試し、

作り上げてきた勉強法はいつしか、

魔法のような効果を生み出していたのです!

 

 

 

「あー、才能って関係なかったんだな」

 

 

と思う私に、高校の友人が一言

 

 

「お前は元から頭良かったもんな」

 

 

その言葉が私に火を付けました。

私は元から頭がいいわけではありません。

 

 

それなのに、勉強=才能と

勘違いしている人が非常に多い。

(かくいう私もその1人でしたが、、、)

 

 

「才能に関係なく誰でも偏差値を

伸ばせることを証明してやる!」

 

 

そうして始めたのが塾講師のアルバイトと、

大学受験を控えた妹への学習指導でした。

 

 

学生時代に生み出した勉強法の軸であった

「3つのアプローチ」を徹底的に意識し、

生徒に伝えました。

 

 

塾講師としては、1年間継続して教えていた

 

 

3人の生徒全員をE判定からの志望校合格

 

 

妹への学習指導では

 

 

苦手な数学を3か月で42から64という

驚異的な伸び幅を達成し、

こちらも無事にE判定からの志望校合格。

 

 

 

 私、確信いたしました!

「この方法なら誰でも

偏差値を伸ばすことができる!」

 

 

冒頭の通り、そう確信した私は、

ブログを始めることにしました。

 

 

勉強をしてもしても伸び悩んでいる人。

勉強が楽しくなく、やる気が出ない人。

自分の才能に自信がない人。

 

 

誰でも偏差値を

上げることは出来ます。

 

 

その根拠は

 

 

中学高校での4年間の独学で勉強し、

塾講師として2年間指導してきて、

偏差値の上がらない方法は全て、

切り捨ててきたからです。

 

 

今後は1番方法次第で偏差値を伸ばせる

センター数学についての記事を投稿します。

 

是非一読ください!

有益な情報が詰まっていると思います!