解法が思いつかないあなたへ(後編)

こんにちは!りょうです!

 

 

また私のブログに来てくださって

嬉しいです!

 

 

センター試験は特徴的】 

 

f:id:ryo-math:20170608103642p:plain

本日は

 

センター数学の鉄則について

お話します。

 

 

これを知らない人は

どんなに数学が得意でも

センター数学で

高得点を取ることは出来ません。

 

 

それくらい大切なお話です。

 

 

 

あれあれ、、、

 

 

「いやいやなんでだよ」

「抽象的で説得力がない」

 

 

という声が聞こえてきました、、、

 

 

言い換えましょう

 

 

この鉄則知らない人は、

例え教科書や参考書を見ながら

解いて良いという条件が与えられても、

解法を思いつくことができません。

 

 

f:id:ryo-math:20170608104309p:plain

 

 

「えええええっ、そんなに豊富な知識が

あっても解けないの?」

 

 

はい。解けません。

それがセンター試験のからくりです。

 

 

しかし、この鉄則

前回紹介した準備

組み合わせることで、

 

 

分厚い参考書や問題集を解かなくても、

センター試験の問題で

解法を思いつかないことが

なくなります。

 

 

 

「そんな方法あるんですか!?」

「でも、なんか大変そう、、、」

 

 

 

 

はい、あるんです。

そして、非常に簡単です。

 

f:id:ryo-math:20170608104605p:plain

 

「もういいから教えて!」

 

 

分かりました。

 

 

センター試験の鉄則】

 

f:id:ryo-math:20170608104701p:plain

 

 

 

前の問題の

答えを利用する

 

 

 

これだけです。

 

 

「えーっ、それだけ!」

 

 

はい、これだけです。

 

 

 

センター試験では、多くの設問において、

前後の問題と連携しています。

 

 

特に、解法が思いつかない場合は

 

 

前の問題の答えを利用するためには

どうすればいいか

 

 

を考えるだけで、簡単に進むことが、

多いんです。

 

 

 

 

そして、このときに大切になってくるのが

前回の記事で説明した準備

なんですね。

 

 *リンク参照

ryo-math.hatenablog.com

 

 

準備がしっかりできていれば

前の問題の答えをどう利用するか、

発想力がなくても、

直ぐに分かるようになります。

 

 

 

 

「そんな鉄則があったんですね!」

「なんだかできそうな気がします!」

 

「でも、ちょっと難しそう、、、」

 

 

 

確かに急に慣れるのは

難しいかもしれません。

 

 

しかし、この鉄則を意識しないと、

いつまでもセンター数学が解けるようには

なりません。

 

 

少しでも、この鉄則を感じていただくために

 

今すぐに

 

 

1度解いたセンター数学の問題を解き直して

見てください。

 

 

または

 

 

解答・解説を見てください。

 

 

 

前の問題の答えを

利用している箇所があるはずです。

 

 

本日は以上です!!

ありがとうございました!