読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努力が報われるたった1つのコツ

こんにちは!りょうです!

 

ブログの閲覧ありがとうございます!

 

 

さて、

 

 

 

 

いきなりですが、

本日も質問です。

 

 

センター数学の勉強において、

 

 

「あなたはどの教材を

使って勉強していますか?」

 

 

 

 

・学校に渡された問題集

・塾のテキスト

・書店で買った参考書

 

 

 「数学 参考書」の画像検索結果

 

 

様々な答えがあると思います。

 

 

結論から言います。

 

 

どの回答も

 

 

正解にも不正解にも

なりえます。

 

 

 

「ずいぶんと雑ですね、、、」

 

 

 

いいえ、実は正解不正解かは

ある法則によって決まっているのです。

 

 

 

「また法則ですか、、、」

「分かりました!良く聞く、

教材を1冊に絞るってやつですね?」

 

 

惜しいです。

 

 

確かに教材を1冊に絞ることは大切です。

 

 

しかし、その1冊が

不正解である可能性もあるのです。

 

 

 

そして、不正解である教材を

1冊使い続けた場合は、

 

 

 

1冊を完璧にマスターしたとしても、

よほど思考力に優れている場合を除いて、

センター数学で高得点はとれません。

 

 

 

このよほどに当てはまる人は

難関国立大学を志し、

既に数学の2次試験でも

合格水準に届いている場合に限ります。

 

 

 

一方で、正解である教材

使い続けた場合は、

 

 

努力が確実に点数に結びつき、

最短距離でセンター数学の

得点を上げることができます。

 

 

関連画像

 

 

 

「じゃあ、正解の参考書って何ですか?」

 

 

 

 

ずばり、

 

 

センター試験の問題に

対応しているか否か

 

 

です。

 

 

センター試験の問題は、

 

 

・途中式を書く必要が無い

・時間制限がきつい

・覚えていないと解けない問題が少ない

・覚えているだけで解ける問題が少ない

 

 

など、特徴的なテストです。

 

 

 

その特徴がゆえに、

センター試験と関係ない問題集を

解き続けても、偏差値が伸びない

という事案が多発します。

 

 

 

事実、私の周りには、

一生懸命、学校で配布された教材を

完璧にしようと勉強している

同級生が複数いました。

 

 

 

 

彼らはとても真面目で、

その教材の問題ならば、

的確に解くことができ、

入学時の学力も僕と同じ水準でした。

 

 

 

一方で、私は、

センター数学に絞って、

独自の対策を進めていました。

 

 

 

結果は、センター模試では

偏差値15以上も

私の方が上回ったのです。

 

 

 

良く考えれば当たり前です。

学校の教材を完璧にしている彼らでも、

センター試験になると、

同じような問題は出ないので、

 

 

 

解法が思いつかないのです

 

 

 

よく

 

 

「基礎が大事」

 

 

という話を聞きます。

 

 

確かに、公式などの基礎は

学校の教材でもよいかもしれません。

 

 

 

しかし、基礎を付けてから

センター対策をしようと、

わざわざ遠回りする必要もありません。

 

 

 

センター試験の基礎は

センター試験用の教材で、

付ければよいのです。

 

 

その最大の理由は

センター対策に絞ったほうが

 

 

圧倒的に覚える量と

こなす問題量が

少なくなるからです。

 

 

 

「確かに、今まで学校の教材を

完璧にするのに、時間が

かかりすぎていました」

 

 

そうなんです。

センター数学最大の特徴は、

 

 

暗記量が少ないこと

 

 

なのです。

これを活かさない手はありません。

 

 

 

今では、全く知識がない高校生が

0からセンター数学を習える

参考書がたくさん発売されています。

 

 

 

また、僕自身も、

数学2Bで5点だった妹に対して、

いきなりセンター数学を基準に

指導を始めました。

 

 

妹は

 

 

「勉強したことがすぐに、

センター試験の過去問で

結果に結びついてので、

自信がついた!」

 

 「自信 イラスト」の画像検索結果

 

 

と感想をくれました。

 

 

 

最後に、

センター試験対策の

教材の選び方です。

 

 

主に以下の3つあります

 

 

①センター数学の過去問

②センター数学に対応した参考書

③大手予備校のセンター数学の過去模試

 

 

 

①センター数学の過去問は

 

 

最初の実力試しや傾向分析に

使ってください。

年数が少ないので、

大切に使用すると良いです。

 

 

因みに

新傾向の問題は

2014,2015.2016.2017の

4年分しかありません。

 

 

しかし、それ以前の問題も

2007以降は良問がそろっているので

演習用としては最適です。

 

 

 

②センター数学に対応した参考書は

 

 

 

数学が苦手で基礎ができていない人のみ、

基礎固めに使ってください。

 

 

 

1番リスクの低い選び方が

 

 

「アマゾン」の画像検索結果

 

これです。

 

Amazonにて

 

[センター数学]

 

 

と検索をかけ、

評価の高いものを選ぶと良いです。

 

 

ps:

コメント頂けたらお勧めの参考書を

お伝えします!

 

 

 

③大手予備校のセンター数学の過去模試は

 

 

①にて自分の実力とセンター数学を知り、

②にて基礎を固めた後に、

 

 

演習問題として使ってください。

 

 

 

本日は以上です。

 

 

もし不正解の教材を使っていた方は、

 

 

今すぐ、自分の相棒(教材)を

見つけてくださいね!

 

 

それでは本日もありがとうございました!