数学ばかりに力を入れないで!

こんにちは!

 

国立数学講師りょうです!

 

 【数学に囚われないこと】

 

f:id:ryo-math:20170608162243p:plain

 

本日は、国立数学講師が

「数学ばかりに力を入れないで」

というタイトルでお送り致します。

 

 

「ちょっとー、やる気あるんですかー?」

 

 

大真面目です。

 

この記事を読むと

数学への関わり方を知ることが出来ます。

 

 

そして苦手である数学に囚われ

時間を使いすぎてしまい

他教科がおろそかになる。

 

 

という事態を

納得した上で防ぐことが出来ます。

 

 

センター数学の勉強をしているあなたは

国立を目指していますよね?

 

 

「はい。その通りです。

でも数学が苦手なのに

力を入れないでなんて、、、」

 

苦手は克服できます。

でも、力を入れなくていいんです。

 

ではお尋ねします。

 

あなたの1番の目標は何ですか?

 

 

「国立大学に現役で受かることです!」

 

 

いいですね!

 

実際に国立大学では

 

 

・何より学費が安く親孝行

・質の高い教育が受けられる

・レベルの高い仲間ができる

 

 

など、様々なメリットがあります。

 

 

 

特に親孝行はポイントです。

 

 

f:id:ryo-math:20170428160015p:plain

 

国立大学と私立大学で

それぞれ4年間通った歳の学費は

数百万円の違いが生まれますからね。

 

 

すいません。

話を戻しましょう。

 

 

先ほど、目標は、

「国立大学に現役で受かることです!」

といいましたね。

 

 

これがポイントです。

 

「センター数学で高得点を取ること」

 

が目標ではないのです。

 

 

 

そして、

数学ばかりに力を入れなくていい

最大の理由を今からお伝えします。

 

 

【数学に力を入れすぎると

損をする?!】 

 

f:id:ryo-math:20170608162828p:plain

その理由は、

 

センター数学は高得点を

目指せば目指すほど

より時間がかかるからです。

 

 

 

それはセンター数学では、

高得点を目指すにつれて、

 

 

問題を解く力だけでなく

時間との闘いに迫られるからです。

 

 

 

 

例えば、

 

 

70点を目指す場合60分で、

12問解かなければならないとします

 

 

一方で、

 

 

満点を目指す場合は同じ60分で、

(時間のかかる難問4問を含む)

16問解かなければならないのです。

 

 

 

「焦る」の画像検索結果

 

 

よって、これらの難問を解くためには

 

・難問を解く力

 

に加えて

 

・難問を早く解く力

・普通の問題を早く解く力

 

 

まで要求されるんですね。

 

 

この3つを身に付けることは

時間をかければ勿論可能ですが、

 

 

 

他の教科や、2次試験まで控えている

国立志望の高校生にとっての

優先度は低いです。

 

 

 

 

事実、私はセンター数学で

190点以上取ることができます。

 

 

 

一方で、

「190点を目指せと」

指導したことはありません。

 

 

 

センター数学は

7割から8割を確実に取り

他の教科で稼いだほうが

効率が良いからです。

 

 

 

ご理解いただけたでしょうか。

 

 

 

それでは今すぐ

センター数学の本番での、

目標点を決めてください!

 

 

これによって、

力の入れようが変わりますからね。

 

 

以上です!

ありがとうございました!