過去問や模試の間違い直しはしないで!

こんにちは!りょうです!

 

 

本日は、過去問や模試など、

より実践的な問題で間違えてしまった際の、

見直し方法について話します。

 

 

 

「はーい!やってますよ!」

 

「間違えた問題にはチェックを付けて、

同じ間違いをしないように

計画的に復習しています!」

 

 

真面目でいいですね!

 

しかし、このような間違い直しでは

 

偏差値は上がりません。

 

 

「伸び悩み」の画像検索結果

 

「え!?そうなんですか!?」

 

 

はい。このような見直し方をしていると、

 

 

しっかりを復習をしているのにも

関わらず、偏差値は伸び悩んでしまいます。

 

 

具体的には、次の模試や過去問でも、

また同じような間違いを犯してしまいます。

 

 

何度やっても模試や過去問で、

同じような間違いをしてしまうと、

 

 

本番の入試でも同じような過ちを繰り返し、

第一志望だった国立大学に、

落ちてしまうことにもなりかねません。

 

 

f:id:ryo-math:20170524122409p:plain

 

 

しかし、見直しの方法を少し変えるだけで、

 

 

間違えれば、間違えた分だけ、

次回の模試や過去問の点数が

着実に伸びるようになります。

 

 

そしてなにより、

 

 

努力が成果に結びつくので、

自信をつけることができ、

勉強が楽しくなってきます。

 

 

f:id:ryo-math:20170523135559p:plain

 

 

さらにこの方法は、

テストの結果に直結してくる方法なので、

 

 

伸びた結果がそのまま入試の得点に

反映され、志望校合格に近付きます!

 

 

 【正しい見直しの方法】

 

さて、そのような見直し法とは、

 

 

 

どのような勉強を

していたら

その問題が

解けていたか分析する。

 

 

ことです!

 

 

センター数学では、

知識以上に思考力を問う問題が多いです。

 

 

つまり、模試や過去問で

間違った問題の答えを見て理解しても、

また別の問題になったら、

解けなくなってしまうのです。

 

 

そうならないために行うのが

これから紹介する分析です。

 

 

f:id:ryo-math:20170523140241p:plain

 

 

【間違えた問題の分析法】

 

まず問題を間違えた際には、

 

1.知っている知識で解けた

2.知っている知識では解けない問題だった

 

という主に2つのパターンが想定できます。

 

 

そしてこれらによって

以下のように見直し法は

変えるべきなのです。

 

1.解法が思いつかなかったので準備を

   強化する

 

以下の記事参照

 

ryo-math.hatenablog.com

 

2.知識が抜けている可能性が高いので、

   その分野の基礎から勉強しなおす。

 

 

いずれも、間違えた問題だけの

復習ではありませんね。

 

 

 

具体例を挙げると、

間違えた問題を直すという行為は

 

 

道を間違えてしまい

次回は道を間違えないようにしたい場合に

 

間違えた道だけを覚える

 

ようなものですからね。

 

 

「道に間違える 行き止まり」の画像検索結果

 

 

正しくは、

 

地図の見方を学ぶ

 

べきですよね!

 

 

地図の見方をマスターすれば

違う道でも間違うことはありません!

 

 

数学でも同様で、

間違えた問題を直すだけでは、

全く同じ問題以外には

対応できませんね。

 

 

本日は以上です!

 

 

それでは今すぐに、

直近の過去問や模試の問題を

2つのタイプに分類してみてください!

 

 

ありがとうございました!